願かけ絵馬の考現学
第百二十三講








 
おちついて共にのぼる
ような、「いじ力」を
願います。
  藤堂幸代
[大阪市 三光神社]
  三光は「さんこう」と読む。
大阪市天王寺区の、大坂冬の陣で有名な真田幸村ゆかりの神社である。
かつては大坂城の出城「真田丸」が置かれた真田山という小高い場所に位置しており、「真田の抜け穴」でも有名な史跡でもある。
祭神は天照大神、月読尊、素戔鳴尊で、この三柱の神は太陽、月、星を表す?ということで、そこから三光という名が生まれたのだそうだ。
そういう神社であるから願う御利益は戦勝系が多い。
神社としても、勝ち守りなんぞを用意している。
そういう神社へ奉納された願掛け絵馬の、この願文はどういう意味であろうか?
毎度のことで願主名は仮名に変えているが、女性名であることは間違いない。
「おちついて共にのぼる」とは何なのか?
「いじ力」とは、何をどう維持するという話なのか?
どうも、勝った負けたの話ではないような気が、する。
女性の願う「いじ力」とは?
考えれば考えるほど、これは閨房関係の話のような気が、する。
どこかのオトーサンが、苦しめられているのであろうか?

[第百二十四講へ]  [トップページへ] [第百二十二講へ]