願かけ絵馬の考現学
〜第八十四講〜






  ・ロト6で1億円当たります様に
・ケイリンでもうかります様に
 (10〜100万円)
・残業が長く続きます様に
恵那市明智町3358
大嶋 康成
[岐阜市 伊奈波神社]
  何と言うか、平凡な庶民の心の動きが、手に取るようにわかる願いである。
ちょっと情けなくもあり、悲しくもある。
わざわざ解釈するまでもないが、一応、願主の心理をたどってみよう。
願主・大嶋君はまず、ロト6で1億円を当てたいと大きな願いを打ち出してみる。
まあ、きょう日、宝くじ関係の賞金としては1億円など決して大金ではないのだが、大嶋君(実は筆者もであるが)にとって、やはり1億円は見たこともない巨額のお金であって、神様にお願いする金額として決して不足ではないのだ。
が、その果敢な、思い切ったお願いをした尻から、すぐに貧乏性が見えてくる。
「衣の下から鎧」という言い方があるが、それにならえば、「ベルサーチの下からトップバリュの股引」とでも言おうか…。
「ケイリン」というのは、公営ギャンブルとしての競輪と区別するための、スポーツとしての自転車競技の競技種類の名称であるが、それはよい。
大嶋君はあくまで博打としての競輪を問題にしている。
で、その「ケイリン」で連勝複式だか三連勝単式だか知らないが、ともかく車券で当たりをとって儲けたいと言う。
だったら、何でもっと大きく出ないのだ、大嶋君?
何で、「10〜100万円」なのだ?
要するに、博打で一発当てたいという願いなのだから、もっと豪快にお願いすればよいだろう。
それなのに「10〜100万円」などという注釈が付く。
結局、大嶋君の普段の車券購入の実態からすると、当たってもその程度の金額分の車券しか買わないし、その程度のオッズ(と言うのか?)の車券しか買わない、大穴狙いなんてとんでもない、ということになるのだろう。
せっかく神様にお願いするのだから、そういう普段の車券購入の実態など無視しても良さそうなものだが、大嶋君にはそういう、妙な律儀さがあるのだ。
ここらあたり、実に謹厳実直な日本人らしい。
そして、願いがいったんそういう現実的な方向に向いてしまうと、もう止まらなくなる訳だ。
最後は、少しでも残業代をたくさん稼げるように、会社の残業が続いてほしいという、これ以上ないほど現実的な、悲しい願いへと突っ走ってしまったのだ。
一般勤労者は残業なしには豊かな収入など期待できないという、わが日本の悲しい現実を、しっかりと見せ付けてくれる絵馬である。
[第八十五講へ] [トップページへ] [第八十三講へ]