願かけ絵馬の考現学
〜第五十五講〜








  家内安全のまま、
借金返せます様に。

福岡市東区××××
齊藤雅彦
[福岡市 住吉神社]
  何だか、不穏な気配もただよう絵馬である。
この願主である齊藤氏は、借金のあることを明記し、その上で、実に堂々と住所も詳細に書いている。
見上げた男らしさである。
その借金の額も、半端なものではあるまいと思われる。
が、その男らしい分だけ、どうも最初の一行に、危ない感じがにじみ出ているのである。
借金は返したい、だが、危ない橋は渡りたくない−−というのが願文の趣旨である。
が、どうも言外に、このままでは危ない橋を渡ってしまいそうだという危惧が読み取れる。
住吉神社の神様、どうか俺を止めてくれ。
ヤバイ真似をして家族につらい思いをさせることだけは、思い止まらせてくれ。
そういう悲痛な願いとも読めるのである。
齊藤氏、その後、コンビニ強盗なんぞに走っていなければ良いのだが…。
[第五十六講へ] [トップページへ] [第五十四講へ]