願かけ絵馬の考現学
〜第三十五講〜








 
合格祈願
人間になりたい
阪本沙織 
[石巻市 羽黒山鳥屋神社]
  当たり前だが、沙織クンはこれから人間になるための試験を受ける、という訳ではない。
要するに、女だてらに2浪しているとか、周囲の期待にも関わらず志望の難関校に入れないとか、このままでは生きた心地がしないと沙織クンは言うのであろう。
あるいは、来る日も来る日も勉強ばかりの灰色の受験生生活とはオサラバして、一刻も早く人間らしい生活を取り戻したいと願うのであろう。
まあ、わかる。
願文を書くのも、文字数を節約して最低限で済ませようとする姿勢にも、文字そのものの力のなさにも、受験勉強で疲労困憊という様子が、よく理解できる絵馬ではあった。
[第三十六講へ] [トップページへ] [第三十四講へ]