願かけ絵馬の考現学
〜第七十講〜






  ・私の基本的人権を末長く守って下さい。
・今度の人事異動で中予の進学校、
もしくは松山周辺の進学校、松山南高校か、
伊予高校に行けますように。
良いものになりますように。
・健康お守り買いました。よろしくお願いします。
伊予郡○○町○○○
安本久信
   [松山市 伊佐爾波神社]

  いきなり、基本的人権である。
教育の世界も、モトイ、教員の世界もいろいろと大変なのであろう。
しかし、この願主が基本的人権云々と言っているのは、表現の自由や学問の自由を保障しろとか、通信の秘密を侵されたとか、集会・結社の自由を守り抜きたいとか、そういった心配をしているのではないだろう。
労働基本権を守ってくれ、というのでも、法の下の平等を主張しているのでも、なさそうだ。
強いて言えば、居住・移転の自由を侵さないでほしい、つまり、嫌な転勤はさせないでくれ、ということであろう。
で、具体的には進学校に赴任したいというのである。
だが、進学校に行って、生徒の学力向上、進学指導、大学進学実績の向上に寄与したい、ということでは、おそらくないだろう。
進学校ならば、生徒に手もかからないはずだ、手を焼かせる生徒もいないはずだ、という希望であろう。
「荒れた、工業系の高校かどこかに配属されて、不良学生に目でもつけられた日には…」という、恐れかも知れない。
あ、ということは、この人が心配している基本的人権というのは、暴力からの自由、苦役からの自由か何かのことか知らん。
それにしても、「健康お守り買いました」って、そんな恩着せがましいことを書いてどうするのか、安本センセイ。
報告しなくたってわかるだろう、相手は神様なんだし。
いったい何科を教える先生だろうか。
[第七十一講へ][トップページへ] [第六十九講へ]