願かけ絵馬の考現学
〜第四十六講〜








  吉野浩二郎
吉野浩康
吉野邦浩
吉野奈緒子
吉野節子
の五体が救われて
いきますように
お願い申し上げます。
吉野節子にかかわった
良い人も救われますように
お願い申し上げます。
(願主名なし)
[新潟市 白山神社]
  …少々、不気味である。
通常、日本語で「五体」と言えば、ふたつの意味がある。
ひとつは、頭・首・胸・手・足とか、頭・両手・両足とか、人体を構成する五つの部分、つまりは身体全体のことを言う場合である。
書道の五つの書体を指す場合もあるようだが、まあ、それはこの際、置いておく。
早い話が、奉納絵馬関係で、
健康で元気で
五体満足に
生まれてきますように。
新潟市
佐藤 恵美
[新潟市 白山神社]
のように、使われるケースである。
まもなく母となる人の、誠に健全、かつ、理解しやすい願いであると言えよう。
言うまでもなかろうが、乙武洋匡氏の著書『五体不満足』も、これを踏まえたネーミングである。
そして、もうひとつの「五体」は、「五」を文字通りの数詞、つまり純粋に数を表す言葉として使う場合であろう。
単なる数なのだが、それに「体」とつくと、話はにわかに不穏な印象を帯びてくる。
人を数えるのなら、「五人」と書けば良さそうなものであるが、この願主はそうしない。
普通、人のことを「〜体」と数えるのは、まあつまり、その対象がすでに生存していない場合が多い訳である。
早い話が「ご遺体」は、一体、二体と数える訳だ。
とすると、この吉野さんらは亡くなった方たちであろうか。
もちろん、あり得る話ではある。
しかし、亡くなった人たちの冥福を祈るなら、もう少し、別の言い方があろう。
「五体が救われていきますように」
とは、あまりに常軌を逸した表現ではないか。
願主名くらいあれば、もう少し、まっとうな考察もできるのだが。
しかも、最後の部分があるから、余計に訳がわからない。
吉野節子さんが亡くなった方なら、
「 吉野節子にかかわった良い人も救われますように」
とは、どういう意味だろう。
吉野節子さんに、生前、関係のあった人たちのうち「良い人」だけを救ってやってくれ、というのであろうか。
それとも、これは具体的な人名を出すのを憚って、そういう言い回しにしたのであろうか。
何だか、祟りでもありそうなので、この考察はここらで取り止めようかと思ったが、もうひとつの解釈もあるのに気が付いた。
要するに、この願主は吉野節子さんあたりで、吉野さんたちは全員、まあ存命ではあるが、このところ皆健康状態が今ひとつである、という状況だ。
で、節子さんは、そういう場合は、こういう思考形態に陥る傾向の人なのである。
どっちにしても、気の滅入る考察となったようである。
[第四十七講へ] [トップページへ] [第四十五講へ]