願かけ絵馬の考現学
〜第三十七講〜








 
山口大学
なんとか
なりますように。
広島県東広島市(後略)
依田 晃 
[防府市 防府天満宮]
  奉納時期は書いていなかったが、東広島市から山口県は防府市の防府天満宮まで、わざわざ合格祈願だけにやって来たとも思えないから、おそらく受験当日の帰りに寄るか何かしたのだろう。
しかし、「なんとかなりますように」とは、何なのだ。
借金の返済期限の繰り延べを頼んでいるのではない。
仮にも神様にものをお願いするのに、なんとかなってくれ、はないだろう。
言っちゃあ悪いが、筆跡も非常に頼りない、情けないものだった。
まあ、受験後なら、やるだけのことはやった、最善は尽くしたから、後は…、という気持ちもわからないではないが。
そうかと思うと、こういうのもあった。
今年は
東大へ
山口県周南市 
大山康義 
[防府市 防府天満宮]

大きな文字で、きっぱりと書いてある。
その願文を正確に解釈すれば、今年は東大に行きたい、東大に合格したい、というのだろう。
すると当然、去年はどこに行ったのか?どこに合格したのか?という疑問が湧いてくる。
いや、どこにも合格していない、どこか別の大学への合格祈願をしただけだというのなら、去年どこにも受からずに、今年、日本最難関大学へという願いも、少々無理がある。
それとも、どこかに合格はしたが、不満だから、今年は東大へというのなら、何だか受験マニアのような印象になるのだが。
さっきの依田クンが聞いたら、羨ましがりそうな話ではある。
[第三十八講へ] [トップページへ] [第三十六講へ]