願かけ絵馬の考現学
〜第十九講〜








 
岡村明弘を一刻もはやく
左遷させてください。
どうか、よろしくお願いします。
朋子 
[京都市 安井金毘羅宮
岡村明弘を一刻もはやく
左遷させてください。
どうか、よろしくお願いします。
  佐紀絵 
[京都市 安井金毘羅宮

  いうところのデジャビュ、既視体験が起きたのかと思ってしまった訳である。
最初は、 ハハ、岡村くん、嫌われているなと思って、とくに気にもとめなかったのだ。
ところが、次の絵馬を手に取り、その次を取りしていくつか見たら、また同じ文面があったのである。
一瞬、えっ?と思った。
次に、あ、デジャビュか、と考えたが、ちょっと感じが違うのだ。
願主の名前も違うようだし…。
そう思って、前に見たと思える絵馬をいくつかたどってみると…、あったのである。
筆跡と願主の名前は違うが、まったく同じ願文だ。
書かれた文字の美しさ、落ち着いた印象からすると、どちらの女性もそれほど若い人ではないようである。
ということは、ハゲだの油臭いだのといった理由で岡村くんを嫌うことはあっても、それで呪いじみた絵馬まで奉納するほど、子どもっぽくはなさそうだ。
とすれば、何かもっと真剣な理由があってのことだろう。

その理由が如何なるものかは不明である。
しかし、誰かひとりにこういう絵馬を奉納されてしまうのと、ふたり揃ってやられるのとでは、その重みが相当に違うということだけは断言できよう。
だいたい、こっちはただで楽しんでいる、というかガクジュツ研究をしているからアレだが、こんな絵馬でも奉納しようとすれば少なくとも数百円はかかるのである。
だから、まあそんなにケチな人でなくても、こういった場合はひとつの絵馬で、願主を連名にするのが一般的だ。
それを、ふたりがわざわざ別々の絵馬で、願掛けしている。
まったく同じ文面、文字詰め、行詰めも、名前の配置も同じだから、ふたりでいっしょに書いたか、たとえば朋子くんが先に書いて、それを佐紀絵くんが真剣に写したに違いない。
そのふたりの熱意たるや、まったく尋常ならざるものがある。
岡村くんは蛇蠍の如く嫌われている、と判断せざるを得ない。
そこまで嫌われているとは、ご本人、まるで気付いてはいないのだろう。
誰か、岡村くんにそれとなく注意してあげるような人物はいないのだろうか。
そして、この会社、いやこの職場の行末は大丈夫なのだろうか。
他人事ながら、おおいに気になる次第である。

[第二十講へ] [トップページへ] [第十八講へ]