願かけ絵馬の考現学
〜第七十四講〜






  大好きな平田晶子
赤ちゃん産んでくれますよう。
日向市 K.M
[延岡市 今山八幡宮]
娘千恵子が神縁のある
素晴らしい半身に巡り合い
結納結婚とスムーズに事が
運び、相手様にも娘にも
幸せがおとづれる様に!!
M.N
[長崎市 諏訪神社]
  日向市のKMクンのは、要するに、好きな女性に自分の子を産んでもらいたいという、多少露骨な言い回しのラブレターの一種であろう。
これに対して、長崎の諏訪神社の神様に願掛けしたMNさんのは、娘の幸福を願う親心である。
「半身」というのは、言うまでもなく英語のBETTER HALFからの連想と言うか、独自の意訳であるが、まあ、意味は判る。
どちらも、ありがちな願い事である。
判らないのは、平田晶子サンとか、娘の千恵子サンとか、願い事の対象となる人の名前を、そのまま書いておいて(もちろん、筆者の判断で似たような仮名には変えてある)、自分の名前をイニシアルで済ませるという姿勢である。
KMクンの場合、相手の実名を挙げて、その人に自分の子どもを生ませたいなどと、あからさまなことを書いておきながら、自分の名前を伏せるというのは、卑怯千万な振る舞いと言わねばなるまい。
それとも、あからさまなことを書いてしまったので、恥ずかしくて、自分の名前を出しそびれたのか。
どっちにしても、誉められた態度ではない。
諏訪神社の神様にお願いしているMNさんは、まあ、文面からしてオトーサンであろうが、これも自分の姓名をイニシアルにする理由が不明である。
千恵子(同上)というファーストネームだけとは言え、娘の名前をさらしておいて、自分の名前を伏せるとは、親の態度として、どうなのであろうか。
この文面からは、たとえば今は、親として名乗れない事情がある、といった切実感も読み取れないのである。
それとも、延岡にしろ長崎にしろ、九州方面では、こうした願掛けの場合、対象となる人の名前は実名を明記することが決まりで、願主の名前は伏せてもよい、ということになっているのであろうか。
[第七十五講へ] [トップページへ] [第七十三講へ]